スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

カカ(リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ) 

1993年、現在も毎年行われているサンパウロFCのジュニアチームと地元少年サッカーチームとの国際親善試合の第1回の招待チームのなかに、11歳のカカ選手がいたのだ。キャプテンだったカカ選手は日伯両選手を圧倒する動きを見せ、初代最優秀選手に選ばれた。賞金は5000円。その5000円札は「サッカーで初めてもらった賞金だから、宝物」と、今でも使わないで大切に保管しているのだとか。

サンパウロFCジュニアチームの選手たちは、それぞれ農家に2週間ほど滞在し、カカも対戦相手の当時小学4年生だった黒坂啓太さんの家に泊まった。現在大学生になった黒坂さんにとって、信じられないくらいの素晴らしい思い出となっているようなのだ。山形で芋掘りやバーベキュー、習字などを楽しんだカカ選手は、帰国後も受け入れ団体の「もがみ国際交流協会」で事務局長を務めている押切さんと個人的に電話で連絡を取るようになり、家族ぐるみで交流を続けていた。01年に押切さん夫婦がサンパウロに招かれた際、パーティーでその姿を見つけると、カカ選手は感極まって駆け寄り、抱きついたそうなのだ。

02年のW杯日韓大会のときは、押切さんが決勝戦を前にカカの宿泊先を訪ね、「日本では、自分の子供が立派に成長してくれることを願って渡すんだ」と、こいのぼりを手渡したのだとか。カカ選手は何度も「ありがとう」と言い、決勝戦のチケットを渡したそう。うーん、なんて感動的な話なんだろう。そして、決勝戦が行われた横浜国際競技場では、スタンドの最前列にこいのぼりが掲げられていたそうなのだ。03年にトヨタカップで来日した際も会ったそうだけど、そのときはカカ選手の宿泊先のホテルで、警備員から「山形の人間とブラジルの選手が知り合いのわけがない」と疑われ、会うのに苦労したそうなのだ。

ちなみに呂比須ワグナーとは仲がよく、オフの時は一緒にゴルフへ行く仲だそうです。
信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/12/18 18:31]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/42-e3a470ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。