スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イタリア人ジャーナリスト 

イタリア人記者、フランコ・ロッシさんのコラムからです。日韓W杯前後の記事です。

さびしいけれど、お終いです。

サッカーは残酷で、度々不公平なスポーツです。まるで人生のように。そして、ワールドカップは人生におけるレッスンの1つでしかありません。 イタリアチームは既に帰国しました。アズーリの選手達は韓国に敗北し、今後何年間かはこの敗北を嘆くことになるかもしれません。
 
彼らは泣き、嘆きました。なぜなら、たとえ最も優れている選手達でも、試合に負けてしまえば、それが不当であっても、ワールドカップから退かなければならないからです。
 ヴィエリ、トッティ、デル・ピエーロ、ネスタ、カンナヴァーロ、そして他のアズーリの選手達も自分達が最高の選手であると考え、多分それは間違っていないでしょう。

アズーリのみんなは日本が大好きでした。仙台での最終合宿は完璧でした。アズーリは日本で、得たいと思っていた物(支援、サービス、声援など)の全てを得ることが出来ました。
 
トレーニングには理想的な、さわやかな気候と日本人の好意。トッティもデル・ピエーロも、日本人から優しく愛されました。韓国戦の数時間前、アズーリの選手達はテレビで、日本VSトルコの試合を観ました。みんなで中田や稲本を熱烈に応援したのです。
 
アズーリの夢は6月30日に横浜で行われる決勝で日本と戦うことでした。日本VSトルコの試合が終わったとき、アズーリの選手達はとても心が痛んだことでしょう。日本は数週間もの間、アズーリにとっては「故郷」だったわけですから、彼らの悲しみは日本に対する正直な気持ちでした。
 
アズーリは3週間日本にいて、日本人の優しい情熱はイタリア人の情熱と同じように思えたのでしょう。外国に居ながら、イタリアに居るときと変わりない居心地の良さを感じられたのですね。
 
韓国戦はとても難しいものでした。そして、おそらく、イタリアは審判の一撃で負けました。前半と後半の間のハーフタイム、イタリアが勝っていた時ですが、トラパットーニ監督は選手達に対し、自分達の目標は日本に帰ることだから、勝利が必要だということを説明しようとしました。
 
アズーリは韓国が好きではありませんでした。そして2つの目的のために日本に帰りたいと望んでいました。1つ目は、横浜で決勝戦に出るため。そして2つ目は、彼らを惚れ込ませ魅了した国にもういちど帰りたかったからでした。
 
トラパットーニ、トッティ、デル・ピエーロ、ヴィエリ、マルディーニ、そしてアズーリの選手全員が、韓国戦の敗北の悲しみと共に帰国しました。そして、日本のように大変美しい国を、自由だが礼儀作法のしっかりした国を、自分達が恋に落ちた国を後に残していく悲しみと共に帰国しました。
 
アズーリの心の中で、彼らを優しさと愛情をもって取り囲んだ全ての日本人の笑顔が、悲しい顔に変わってしまうイメージが残るかもしれません。そして飛行機に乗る前に、アズーリのみんなが思ったことでしょう。

「ニッポン、アリガトウゴザイマシタ」と。

FIFA 2002 ワールドカップ オフィシャルDVD ベストマッチ 2 (韓国vsイタリア)
アミューズソフトエンタテインメント (2002-08-23)
売り上げランキング: 34252
おすすめ度の平均: 3.5
3 あっぱれ韓国、四面楚歌のイタリア
4 サッカーファンは許さない
5 超必見
4 2/10
3 ベストマッチ2だ!

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/12/03 17:31]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/31-ba19de93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。