スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イングランド人記者 

02年W杯後の記事です。日本でも有名なイギリス人記者ジェレミー・ウォーカー氏の記事からです。

『イングランドに生まれた日本への新しい敬意』
いま、私はイングランドに里帰りしている。そして日本代表とサポーターが私の故郷に与えたインパクトの大きさにびっくりしている。妹の結婚式に参列するために帰国したのだが、式ではだれもがワールドカップの話をしていた。みんな一様に、イングランド代表に失望していた。
一方、イングランドの人々はブラウン官を通して日本に触れられたことに、イングランドのフーリガンを含む、一切の暴力が存在しないワールドカップに、とても喜んでいた。日本代表のスポーツ精神にのっとったプレーと攻撃的なスタイルには、感銘を受けていた。スピードだけではない。
全員が次に何をなすべきかを理解し、素晴らしいパスでいくつかの美しいゴールを生み出したことに。

日本のファンにも話題は及んだ。いま、イングランドの人々は日本をこれまでになく愛している。イングランドからのファンを、こころよく迎え入れたことにとても感謝している。たくさんの日本人がベッカム・ヘアにしてレプリカ・ユニホームをまとった光景。イングランドで代表ユニホームを着ていたら、地元警察と住民の両方から疎まれるのに。

日本の人々は温かい心と人情で、ファンと選手を受け入れてくれた。だから、日本を応援することで恩を返したんだ。イングランドサポーターの掲げた横断幕がテレビに映っていたね。

“ありがとうジャパン”

と書かれていた。こっちで見ていたみんなも同じ気持だったよ。 ありがとうワールドカップ!イングランドの人々は、日本人をいっそう理解する機会を持てた。そして、日本の人々も気づいたはずだ。
「イングランド人=フーリガン」ではないことに。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/30 19:08]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/29-f6902a27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。