スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ユーゴスラビアサポーター 

Jugoslavija.jpg



「世界の日本人ジョーク集」の著者である早坂氏がユーゴスラビア連邦(当時)の首都ベオグラードを訪れた時、住民の大半を占めるセルビア人に「あなたは日本人ですか?もしかしてナゴヤ出身?」と頻繁に聞かれた。

早坂氏が頷くと、彼らは一様に大いに喜ぶのであった。そしてこう叫ぶ。「ナゴヤ、ストイコビッチ!グランパス!ナンバーワン!」
日本のJリーグ、名古屋グランパスエイトで活躍したドラガン・ストイコビッチは世界的に知られる名プレーヤーであり、セルビア人たちの英雄なのであった。

そのストイコビッチの引退試合が、2001年10月、豊田スタジアムで開かれた。彼がユーゴスラビア時代に在籍していたベオグラード・レッドスターと、在日中に所属した名古屋グランパスエイトという粋な対戦である。その試合を、早坂氏はベオグラードでテレビ観戦した。

バーに置かれたテレビのブラウン管では、グランパスエイトの赤とオレンジのユニフォームに袖を通したストイコビッチが、満員の豊田スタジアムの客席に笑顔で手を振っている姿が映し出されていた。バーを埋め尽くしたベオグラードの人たちは、日本人である私を見つけると、満面の笑顔と共に近寄ってきて、堅い握手と抱擁を求めてくるのであった。私はセルビア語はほとんどわからないが、それでも十分であった。

彼らの中にはテレビを観ながら、本当に涙ぐんでいる人もいるほどだった。

ユーゴスラビアというのは色々ありましたし、国民感情も色々で考えさせられますよね。ちなみに、欧州の主要リーグでプレーする外国人選手を出身国別で見ると、ダントツに多いのはブラジルで、2番目はアルゼンチン。そして、3番目は何を隠そう旧ユーゴ6カ国らしいですよ!日本にも広島にミキッチなんかがいますね!

誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡 (集英社文庫)
木村 元彦
集英社
売り上げランキング: 57321
おすすめ度の平均: 4.0
3 ぴくしー
4 歴史の偶然に「ありがとう」と言おう
4 ピクシーという入り口からユーゴ問題を理解する
5 ストイコビッチの波乱に満ちたサッカー人生の記録です
5 ピクシーの偉大さを再認識


信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/18 17:50]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

Re: ユーゴスラビアサポーター

良い話だ・・・

Re: ユーゴスラビアサポーター

ロンドンに行った時も、グランパスサポ?って聞かれた
名古屋→アーセナルのベンゲル監督の影響で

ユーゴ黄金世代とオシムは偉大だ
  • [2009/12/16 01:56]
  • URL |
  • 創造力有る名無しさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/19-ae692bde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。