スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

エクアドル代表 

Ecuador.jpg


06年W杯でのエクアドル代表の話です。

エクアドル代表がコスタリカ戦で見せたスパイダーマンのマスクパフォーマンスには理由があった。

オティリノ・テノリオという1人の選手がいた。18歳でトップチームデビューを果たすと、ゴールを重ね代表にも名を連ねるようになる。度々スパイダーマンのマスクを被ることから愛称はスパイダーマンだった。
しかし、突然不幸が襲った。2005年5月7日の昼過ぎ、家族に会うためキトからグアヤキルに車で向かう途中、クエベド市の高速道路で貨物トラックと衝突し、25年の生涯を終えた。W杯代表メンバー入りも期待されたがその夢は叶わなかった…。突然の出来事にエクアドル中が悲しみに包まれた。

そして、W杯本番、決勝トーナメント進出を賭けたコスタリカ戦で途中出場のイバン・カビエデスがゴールを決めた。
その時イバン・カビエデス選手がオティリノ・テノリオ選手のマスクパフォーマンスを見せたのである。

天国にいるオティリノ・テノリオ選手に捧げたマスクパフォーマンスだった。

エクアドルの選手達はオティリノについて語っています。「オティリノと過ごせた時間は本当に楽しかった。僕らは今日、彼が一緒にピッチに立ってくれていると思って戦った」

息子も「大きくなったら、パパのような立派なサッカー選手になり、ワールドカップでゴールを決めたい」と語っています。

ちなみにコスタリカ戦でゴールを決めたイバン・カビエデスはペルージャ時代に中田英寿と同僚だったみたいです。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/17 18:30]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/18-0f9efc1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。