スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ドラガン・ストイコビッチ 

Dragan Stojkovi#263;


現役時代に終止符を打ちピクシーが日本を離れる時のお話です。

引退を決め、名古屋とレッドスターとの引退親善試合を終え、ベオグラードに旅立つ数日前、私(ドラガン・ストイコビッチ)は家族4人で名古屋のレストランに出かけた。
レストランに入っても、誰も振り向かないので、今日は自分の事を知らない人ばかり何だろうなと思い、4人で楽しく会話していた。
ところが食事を終え、立ち上がったとたん一斉にお店中に拍手の音が鳴り響いた。一瞬何が起こったかわからず呆然としたが周りを見回して見ると、皆、笑顔を見せながら、こちらに向かって拍手しているではないか…しかも、「ピクシーありがとう」という感謝の言葉を口にして…。
なんと、この人達は私達を気遣って、食事が終わるまで敢えて無関心を装ってくれていたのである。怪我をして、傷心でやってきた私を助けてくれたのはむしろ日本の方なのになんという人達なのだろうか。私が居た他の国で、こんなに素晴らしい人達がいただろうか。私たちは思わず涙が出そうになった。本当に日本に来て良かった、と改めて思った。私はこの日のことは一生忘れないだろう。

私達の方こそ言いたい「日本の皆さん、ありがとう」と。


ちょっとした有名なコピペですよね。だから真実はどうか僕にはわかりません。ちなみに1994年末に制裁の解けたユーゴ代表のキャプテンとしてもプレーし続け、FIFAの制裁措置解除後、初の国際Aマッチとなった1994年12月23日の対ブラジル戦でもプレー。このブラジル戦を貴賓席で観戦したペレは「もう一度W杯で彼のプレーが見たい」と絶賛した(その後ペレはイギリスのTV番組で世界最高の選手は誰か?との問いには「ロマーリオ、ロベルト・バッジョ、ストイコビッチだ」と答えている)。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/15 17:19]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://soccer10iihanashi.blog119.fc2.com/tb.php/15-e016fc2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。