スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ラモス瑠偉 

ラモス瑠偉

ラモスの熱くていい話です。

「日の丸――。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。これまで何度もそんなことあったね。ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。日の丸をつけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いがするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。国を代表して戦うってスゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだ。国を愛し、家族を愛し、仲間を愛しているからだろ。日本はそこんとこから外国に負けてる。自分のためだって?そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。ドーハの時、オレは三八歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ。」

有名なコピペだしみなさん知ってるでしょうね。いやあ熱い。熱いです。ラモス!ここ最近の日本は国旗や国歌の重みみたいものがあきらかに軽くなっててどうでもいい的な雰囲気ですよね…こんな時ほどラモスに声を大にして叫んでもらいたいです。ちなみにまだヴェルディの指揮をしていた頃に母がリオデジャネイロの病院で心臓発作のため82歳で死去した。だがこの事を選手にも伝えず、帰国もしないで指揮を執り続けたそうです。やっぱり精神論はラモスに教育してもらう価値はありそうです。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/25 19:10]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

パトリック・エムボマ 

Mboma


エムボマがJリーグに復帰する前のインタビューです。

――日本で現役を終えるということですか?
「ああ。ただ僕は、引退前の金稼ぎのために、日本に戻りたいわけではない。97年のような思いを、再び味わいたいからだ。あのとき僕は、街を歩いていても、温かい声をかけられた。人間的に、他では得られない貴重な経験を、日本は与えてくれた。」

――そう思うのは、あなたが日本を好きだからですか?
「その通り。97年に僕は、まったく何の知識もないまま日本に行った。そこで日本人に受け入れられ、習慣に慣れ、素晴らしい生活を送った。日本は僕の身体の中に生きている。ずっと日本のことを思っているし、いつか日本に帰りたいという気持ちは、だんだん強くなっている。」
 
――この1月に生まれた子供に、ケンジという名前をつけたのも、そうした日本への愛着からですか?
「そう。僕も妻も、それぐらい日本を身近に感じているんだ。今度生まれる子供には、男の子でも女の子でも、日本の名前をつけようと、ふたりで決めていたんだ。外人であることで好奇の目でみられることはあっても、黒人であることで差別されてると感じなかったのは、日本が初めてだった。」

――なぜ日本復帰を決めた
「一つの夢だった。私にとっても、妻にとっても、最も楽しい時期を過ごした場所だからだ。いつか再びと、ずっと心の中に抱いていた」

――東京Vについて
「かつてビッグチームだったが、日本を離れた後のことは分からない。早く、チームメートと会ってお互い分かり合いたい」

――再びファンに衝撃を与えられるか
「もちろん。日本サッカーも進歩したが、私も多くを学んだ。まずは新しい町で生活を落ち着かせるところから徐々に始めなければならないが、新しいシーズンで何か大きなことを達成できると確信している」

――32歳だが、選手としての最後の地となるのか
「あと2、3年はプレーしたい。今まではあまりに多くのチームを渡り歩き過ぎたので、 自分の出来次第ではあるが、できればヴェルディ(東京V)で選手生命を終えたい」

――改めて意気込みを
「日本は自分にとってのパラダイスだった。サポーターの声援を受けて、以前見せた以上のプレーをしたい。 自分の最盛期はこれからだ、と信じている」

ちなみに親日家であるエムボマは健康の「健」と「志」の意味から「健志」と名付けたみたいです。健康で志の高いお子さんに育っていると嬉しいですね!

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/24 17:30]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

安田理大Part2 

安田理大


今日の鳥栖戦で10数年ぶりの再会を果たしました。

その相手は・・・

昨日のブログでもちょっと書いたけど、鳥栖のGKの室くんです。室くんとは中学2年まで一緒のマンションに住んでいました。歳は6個違いやけど、毎日、ホンマに毎日一緒に遊んでいました。

小学生の6歳差といえば体の大きさも全然違う。

室くんは大きくて、何をしても適わない、俺の中では憧れのお兄ちゃんでした。

そんな室くんはガキ大将でした。

いい事から悪い事までいろんなことを教えてもらいました。時には一緒に工事現場からエロ本をかっぱらって読み漁り。時には理由も分からないままボコボコにされて泣かされたりもしました。

でも初めて俺にサッカーを教えてくれたのも室くんでした。

でも6歳違いということもあり、いつの間にか会う機会も少なくなり、自然に、気付けば会わなくなっていました。
お母さんの話とか、周りの友達の話から、室くんが東京Vの強化指定になったという噂を聞きました。

そのときは「室くんすげぇなぁ。」とか「Jリーグで室くんがプレーしてるの見たいなぁ。」とかいう風に、俺はサッカー選手になると思っていたけど、自分と対戦とかそんな風には全然思っていませんでした。 

そして俺もガンバでプロになりました。

室くんは鳥栖に移籍して、試合にもコンスタントに出場するようになっていました。
でもJ1とJ2っていうのもあり、俺はやっぱり対戦とかっていうのは全然考えていませんでした。

10月31日、天皇杯で広島が鳥栖に負けました。

次の相手が鳥栖と分かり、俺はそのとき初めて「俺も室くんも二人ともJリーガーになってんなぁ。」と改めて実感しました。
それと同時に「10何年ぶりに会うけど気まずくないかなぁ。」とも思っていました。

そして今日、試合の時間が近付くにつれ、俺は試合への楽しみと同じくらいに室くんに会える楽しみな気持ちが大きくなっていきました。
ソワソワしながらアップ会場に行きストレッチをしていると、鳥栖のマイクに「ミチ~。」と呼ばれました。

マイクの元に小走りで走っていくと、マイクの隣に10何年ぶりに見る室くんの姿が見えました。

室くんは「みちひろ~。」と言いながら昔と変わらない笑顔で手を振ってくれていました。

そんな室くんの笑顔を見て、俺の「10何年ぶりに会うけど気まずくないかなぁ。」という気持ちは吹っ飛んでいきました。

194cmもあり、誰よりも大きいマイクの姿も見えないくらい、俺は室くんだけを見て昔のことを思い出し、弾む気持ちが抑えられませんでした。

室くんが「ミチヒロ大きなったなぁ。」とか「マイク、ミチヒロは俺の舎弟や。」とか「ミチヒロ元気やったか?」とかいろんな言葉をかけてくれて、俺はホンマに嬉しかったし感動していました。

10数年ぶりに会ったのに、室くんは室くんのままで、やっぱり俺の憧れていたガキ大将という感じでした。

アップ前なのでほんの3分くらいの時間しか喋れなかったけど、室くんと会っただけで無条件に試合へのモチベーションはいつもと違う感じで上がりました。

そしてピッチへ入場のとき、ピッチまでの30mという短い距離の中、俺と室くんはいろんなことを喋りました。

「こんなとこで再会できて試合で対戦するなんて夢みたいやなぁ。」
「昔はお前めっちゃ小さかったのに、ほんま大きなったなぁ。俺、嬉しいわ。」

昔、縦30mくらいの公園で毎日のように室くんにサッカーを教えてもらっていた。その30mが今はピッチへと続く短い距離。

そして目の前には縦100mちょっとの大きなピッチ。

あの頃からピッチは随分と大きくなった。

そして俺も大きくなり、俺も室くんもJリーガーになった。

こんなに感慨深い出来事はそうあることじゃない。

「サッカーをやっていて良かった。」

「もっと成長し、もっと大きくなる。」

「こういう日のために、こういう日があるから俺はサッカーをしてるんやなぁ。」

と思いました。

あの頃から変わらず大きいのは、俺らの夢、俺らのサッカーへの情熱。

そして、俺の永遠のガキ大将、室くんの大きさ。

以上、安田理大ブログからちょびっと修正して転載しました。いい話だなぁ(´;ω;`)

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/23 17:58]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

安田理大 

安田理大

U-20カナダW杯に出場する時の話です。

30日開幕のU-20W杯(カナダ)に、日本のサイドバックとしてピッチに立つ。出発前、あえて「優勝」と公言した。母ほなみさんに最高の贈り物がしたいと、安田は固く誓う。

6年前、父辰雄さん(享年46)がくも膜下出血で急逝した。
当時中2だった安田少年は、悲しみから立ち直れない母親の姿を見た。「悲しいのはお母さんだけと違うんや。いつまでぐずぐずしてるんや」と、あえて厳しく突き放した。 中3の母の日には「僕は絶対にサッカー選手になりたい。応援して」と手紙を贈った。

母親のどんな苦労も知っている。父を失い、家計を支えなければならない。母は高校の事務で週6日働くようになった。早朝7時に自宅を出て、夕方に帰宅。名門G大阪の下部組織の練習に出かける安田に、どんなに疲れていてもおにぎりを持たせてくれた。お母さんを絶対に幸せにしてあげたいと、少年は誓った。

というレスを2ちゃんの芸スポで発見しました。どのスレかは忘れましたが、この話の真意はどうなんでしょう?ガンバサポの方教えて下さい。ちなみに兄も含め3兄弟揃ってガンバ大阪ジュニアユースの出身。生粋のガンバっ子みたいです。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/21 20:28]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。