スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

モアテン・オルセン 

2010年W杯でデンマークと対戦する事になりましたが、そのデンマーク代表モアテン・オルセン監督の02年W杯でのお話です。

ワールドカップ出場国のキャンプ地での練習というものは非公式、非公開が通例であるが、デンマークは違った。練習初日からデンマークチームの意向で全ての練習を公開した。さらに練習後には見学に来ていた地元サッカー少年たちを招き入れ一緒にミニサッカーを行ったりもした。

この評判を聞きつけ、デンマークというチームが「むちゃくちゃフレンドリーで気さくな人たちばかりやで!」という口コミも相当あったという。そして、この翌日から見学に訪れる人が徐々に増えていった。初日はわずか数百人だった見学者が翌日には2000人、その翌日には2500人、そのまた翌日には3000人が訪れた。

練習後には気軽にサインに答える選手達。監督も練習後にはサッカー少年たちを招きいれ練習を指導したりもした。この監督にある記者が聞いた。

「他国は練習を公開しないで、試合に備えていますけど デンマークはこれでいいのですか?」

と聞いた。

すると、このデンマーク・オルセン監督はこの記者にこう答えた。

「我々の強さは練習を秘密にしたところで変わらない。絶対的な自信をもって試合に望むだけだ。何より、キャンプ地を提供してくれた和歌山の人たちが喜んでくれることは、どんどんするべきなんだ・・・。試合も大事だが、この交流も大事にしたいと選手全員も言っている。」

このオルセン監督、この発言だけでも『いい人』をかもしだしているのだが、彼のエピソードをもう一つ語ろう。

支配人とコック長は監督の部屋を訪れた。そして通訳を介し、監督に聞いた。

「食事で何かご要望とかはございますか?」

と支配人は聞いた。

するとオルセン監督はこう答えた。

「一切お任せします そちらが用意される料理を我々はご馳走になります。」と・・・。

この言葉に驚いた支配人とコック長は

「いや・・やはり母国デンマークの食事の方がいいんじゃないでしょうか?」

すると監督は

「こちら和歌山をキャンプ地に決めたときから、食事もそちらにお任せしようと、私と選手たちは言っていた。選手も理解している。全てをあなたたちにお任せします。」

支配人、コック長

「あの~~他の国とかのホテルにお聞きすると・・・食事はやはり母国のほうが好まれると聞いたものでして・・・。」

この言葉にオルセン監督はこう言った。

「他国は他国、我々は我々です。」

この言葉に支配人は

「あの言葉で本当にホッとしましたよ・・・滞在中は無事に過ごせていただけると、あれで思いましたね。」と言っていた。

さらに、オルセン監督はコック長に向きなおし、言い出したという。

「我々は料理をあなたに全てお任せします。よろしくお願いします。」

緊張しながらも

「はい!こちらこそよろしくお願いします。」

と答えるコック長。

そして、コック長に聞くオルセン監督。

「和歌山で有名な食材は何ですか?」

と彼は聞いた。

この質問の真意がわからずもコック長は監督に答えた。

「和歌山では魚が有名です、カツオという魚が特に有名です」と・・・

するとオルセン監督は微笑みながらコック長に言った。

「それでは、そのおいしいカツオを我々に食べさせてください。あなたが腕をふるって、おいしいカツオを選手たちに食べさせてやってください。」と言った。

この言葉にコック長は大変感激した。

「世界の代表監督が、あんないい人だったからね~~。いっぺんでデンマークのファンになりましたよ!」と言っていた。

2chで見つけたレスをちょっと見やすく改変して載せました。ちなみに日本と当たる事になってこんなコメントをしてるそうです(笑)「日本とは初戦で当たりたかった。勝ち点3を計算できただろうからね」だそうです!このお話の感動が薄れてしまう!(笑)

世界一幸福な国デンマークの暮らし方 (PHP新書)
千葉 忠夫
PHP研究所
売り上げランキング: 5552

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


スポンサーサイト
  • [2009/12/10 18:38]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ジーコ 

Zico.jpg


ジーコは来日した当初、住友金属の選手がロッカーを汚していてスパイクなどサッカー用具を床に放り投げてるのを見て驚いたらしい。そういう時もジーコは「だから日本人はダメなんだ!」と相手を罵倒するのではなく自ら自分のスパイクを磨き手本を示して選手を意識改革させました。もちろんジーコ程の選手が自分でスパイクを磨くなんてブラジルじゃ絶対にありえない。選手たちも相当ビックリしたそうです。

ちなみに住友金属時代にはスパイクの他に練習着も自分で洗っていたそうです。サッカーの「神様」とまで言われた名プレーヤーが極東のちっぽけなチームに所属する事自体ありえないのに己自身が先頭に立ちプロサッカー選手としての鏡になってくれたのは素晴らしい事ですし、誰にでも出来る事ではありませんよね。もう日本には関わらないつもりなんでしょうか…

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/12/08 17:43]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ドラガン・ストイコビッチPart3 

Dragan Stojkovi#263;


98年のW杯直前に日本対ユーゴスラビアのテストマッチがフランスかスイスで行われた。その試合前のセレモニーでの出来ごと。
君が代吹奏の時に、ユーゴスラビアのサポーターはヨーロッパの流儀に従ってブーイングを始めた。 しかし、主将のピクシーは両手を広げてそれを制した。ブーイングはぴたりと収まった。

記事短いけどピクシーかっけーw

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/29 18:35]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(2) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

イビチャ・オシムPart4 

Ivica Osim


まだオシムがジェフを率いてる時の話です。

巻が試合中に結果を左右するミスをしてしまった。一点差で勝ってる試合のロスタイムに巻がキープ出来ず奪われたことがきっかけでカウンターを喫し、同点に追いつかれて試合終了。
試合後、ロッカールームに巻を罵倒する声が響いた。「お前は去れ!ここにいて良い選手ではない!」 落ち込んだ巻を後でホテルの部屋に呼び出し、この言葉を巻に言ったそうです。
「私は、今日の試合で引き分けに終わって良かったと思っている。確かに今日お前のために勝ち点2を失ったが、今日の経験によってお前はジェフにより多くの勝ち点をもたらしてくれるはずだからだ」

BSかなんかのオシム特集みたいな番組でこのエピソードが放送されてました。

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/20 19:50]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(3) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ドラガン・ストイコビッチPart2 

Dragan Stojkovi#263;


98年フランスW杯での話です。

ピクシーがゴールを決めた際に母国ユーゴスラビア側の応援席を見上げると信じられない光景に目を疑いました。そこには多くの日本人サポーターがいたんです。思わずピクシーは手を振って応援に応えました。嬉しくて素晴らしい出来事だったと語っています。
そういった出来事があり、ピクシーは後にこのように語っています。

「私と素晴らしい関係にある日本人サポーター、彼らに最後までいいプレーを見せること、それを恩返しにしようと思ったんです。」

素晴らしいですね!日本人のピクシー好きは異常なのかもしれないですね!ピクシーの納豆好きも異常ですけど(笑)ちなみに90年イタリアW杯では、準々決勝でマラドーナ率いるアルゼンチンと当たりPK戦までもつれ込むもピクシーのPK失敗もあり惜しくも敗れてしまいました。試合が終わりピクシーが泣いているとマラドーナがピクシーの肩を抱いてこう言いました。「泣かないで、君には未来がある。これからなんだぞ」と。いやあマラドーナもかっこいいですね(笑)

悪者見参―ユーゴスラビアサッカー戦記 (集英社文庫)
木村 元彦
集英社
売り上げランキング: 34845
おすすめ度の平均: 5.0
4 日本人には難しすぎるテーマ
4 サッカーを切り口とした世紀末ユーゴ情勢ルポ
5 ユーゴスラビアと呼ばれることすら現地の人は嫌がっている
5 民族自決とは何か?
5 ユーゴサッカー戦記というよりもユーゴ現代史という感じです

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/11/16 18:30]
  • トラックバック(0) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。