Sponsored Link

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • [--/--/-- --:--]
  • トラックバック(-) |
  • コメント(-) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

山田直輝 

水道橋博士が新幹線で出会った親切なサッカー選手より

1月1日、息子と2人旅をしている「浅草キッド」の水道橋博士が、大阪に向かう新幹線の中で親切なサッカー選手に出会った。

新幹線の中で隣り合ったその青年と水道橋博士の息子は意気投合し、ずっと楽しそうに喋りつづけ、博士が「すいませんご迷惑でかけて……」と挨拶すると、彼ははにかんだ感じで笑うのみだったという。

彼のチーム名すら全然わからないという博士が「隣合わせたサッカーのお兄さん気になる。息子曰く『オードリーのわかばやしさんににてますね、っていったら、よくいわれるっていってた』」とツイッターに書き込むと、それは山田直輝選手では、との返信が各所から。

博士が写真を見て確認したところ、やはり彼は浦和レッズの山田直輝選手だった。山田選手は、仕立ての良いスーツとスーツケース、ナイーブで礼儀正しく、人見知りっぽいのに子供とは心底楽しうに話し、携帯のストラップは赤一色だったという。

水道橋博士は「もし伝わるようなことがあれば、山田選手、本当に親切な応対、ありがとうございました。そして、こんな面白がり方をしてスイマセンでした。」と山田選手にメッセージを送っている。

ちなみに博士は、昨日のイエメン戦での怪我を心配するコメントをツイッターで書いてました。
信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


スポンサーサイト
  • [2014/05/28 11:33]
  • トラックバック(1) |
  • コメント(8) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

2009年人気の記事ランキング 

2009年の人気記事ランキングをまとめてみました。
アクセスランキングではなく、拍手の多い記事でランキングしてみました。

1位、ヨン・ダール・トマソン

2位、フィリッポ・インザーギ

3位、ダミアーノ・トンマージ

4位、ワシントン・ステカネロ・セルケイラ

5位、スウェーデン人記者

6位、ワシントン・ステカネロ・セルケイラPart2

7位、ドラガン・ストイコビッチPart3

8位、トーマス・ソーレンセン

9位、カカ(リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ)

10位、フランチェスコ・トッティPart2

最近ネタ切れで困っていますが、ずっと続けられるように自分のペースで少しずつ更新していきたいと思います。今年もよろしくお願いします。


  • [2010/01/03 20:25]
  • トラックバック(1) |
  • コメント(1) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲

ビスマルク・バレット・ファリア 

倉持隆夫さんの「スペイン人は心から日本を応援してくれた!」より

宮城は雨だったね。悪い予感がしたんだ。日本代表が欧州遠征に来た、4月のレアル・マド゜リッド戦の時も雨だった。この時、日本は思うように、ボールが出せずに、1対0で完敗した。それも2軍を相手に・・・・・。

我が家には衛星デジタル放送の受信機がないので、今朝は朝8時15分に家を出て、近くのフラヘッテイ・9のバルへ足を運んだ。この店は大型テレビで衛星放送を見せてくれるんだ。スペイン戦の時にはフットボール・ファンでぎゅうぎゅう詰めになるが、今朝はカウンターに座ることができた。でも、すでに、左半分のカウンターはターキー(トルコ)の人でいっぱいだった。僕は右側のカウンターに座り、カフェ・コン・レチェ(ミルクいっぱいのコーヒー)を注文した。日本人は僕ひとり。

8時30分、試合が始まった。どっと、お客さんが入ってきた。紛れもなく、スペイン人だ。皆んな僕の周りに集まってくれた。

「ハポンの応援に来たよ」「ハポンは今日も勝つぜ」「俺はハポンが好きだ」僕は本当に嬉しかった。

バルで「ニッポン!ニッポン!」の大合唱

前半、トルコが1点先制。いつもは比較的おだやかなトルコ人たちが大歓声を上げた。僕らは頭を抱えた。

「まだ、時間はたつぷりあるよ」
「心配ないぜ、これからだよ」

スペイン人たちは余裕たっぷりで、僕をなだめてくれた。僕は心の中で、叫んだ。「雨よ、止んでくれ、青空で暗雲を取り去ってくれ!」と。何故なら、4月のレアル・マドリッド戦では降りしきる雨で日本代表は戦意を喪失した感じを否めなかったからだ。

後半の20分過ぎ、突然、スペイン人達が立ち上がった。そして「ハポン!ハポン!」の連呼。いつのまにか、スペイン人の日本応援団が30人程に増えている。連呼は大合唱に変わった。僕も立ち上がった。僕は叫び続けた。「ニッポン、がんばれ、ニッポン、がんばれ!」と。思わず日本語で叫び続けた。

そうしたら、嬉しいじやないか、スペイン人応援団が「ニッポン!ニッポン!」と日本語で一緒に叫び続けてくれたんだ。

「日本!日本!」の大合唱は試合終了まで続いたよ。

日本は負けた。でも一生懸命やったよ。世界の16位だぜ。フランスもアルゼンチンも予選で敗退したじゃないか。サッカー大国のスペイン人が母国以外の応援をするなんて信じられないことなんだ。スペインが世界一と思っているからね。

でも、ここにいる30人のスペイン人は日本の実力を認めてくれたんだよ。僕は思わず、隣にいるスペイン人の厚い胸に顔を埋め、こらえきれずに泣いてしまった。

日本からの留学生に元気を与えてくれた

2時間後、僕はいつもの通り、日本のフラメンコ留学生達がレッスンの後に一息入れる、トリアナのバル・ソナンタに出向いた。日本の活躍が彼女達にどれだけ勇気とやる気を喚起したことか。孤独感に襲われながらも、ひたすら「上手くなりたい」の一心で辛い練習に耐える留学生達。その彼女達に日本のサツカーが元気を与えてくれたんだよ。

「負けたよ」と告げると、彼女達は一瞬、下を向いたが、留学生の斎藤恵子さんがポツリと言ったよ。

「フラメンコもサッカーも上には上があるのね」と。

【海外直輸入】【サッカー】【フットサル】【レアル・マドリッド】【ホワイト】【ロナウド】【スポーツ】FOOTEEZ09-10レアル・マドリードC.ロナウド HALA MADRID Tシャツ
【海外直輸入】【サッカー】【フットサル】【レアル・マドリッド】【ホワイト】【ロナウド】【スポーツ】FOOTEEZ09-10レアル・マドリードC.ロナウド HALA MADRID Tシャツ

信じるか信じないかはあなた次第です(`・ω・´)

人気ブログランキングへ
モチベーションUPのクリックをお願いします。


  • [2009/12/27 20:02]
  • トラックバック(1) |
  • コメント(0) |
  • この記事のURL |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。